二日酔いの症状と回復に役立つ成分

お酒をたくさん飲むと、体内でアルコールの分解が追いつかず、脱水などの症状がしばらく続く事があります。この症状のことを二日酔いと言います。頭痛や吐き気、胃のむかつき、喉の渇きなどの症状が主ですが、二日酔いは肝臓にも大きな負担を与えます。肝臓の持つ疲労物質を分解する機能を弱めてしまうため、倦怠感、疲労感、筋肉痛を引き起こします。

二日酔いになってしまったら、まずは十分な休息をとることが大事です。そして、体内で足りなくなってしまった水分を摂取する必要があります。この時、水分が温かく、そしてかつ少し塩分が含まれていると、摂取した水分が体内に吸収されやすくなります。
二日酔いになったら、冷たい水よりも、温かい味噌汁や昆布茶を飲むとよいでしょう。また、コーヒーに含まれるカフェインも二日酔いに効果があるとされています。

アルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドという物質に分解されます。このアセトアルデヒドが二日酔いの症状の一つである頭痛を引き起こすのですが、カフェインには血液循環を活性化させる働きがあり、脳の血流を良くしてアセトアルデヒドを排出するのに役立ちます。肝臓にいいサプリのスゴイランキング | おすすめの理由を徹底比較をよくしていますが、こういうものは二日酔いになってからでは遅いです。飲む前や普段から活用しておくほうがいいです。暴飲をしないことが1番ですがね。

 

食用しじみを使って料理する前にしておくことは?

しじみにはアミノ酸やタウリン、亜鉛、オルニチン、カルシウム等多くの成分を含んでおり内臓器官、特に肝機能周りの保護を手助けしてくれるのでお酒を飲んで二日酔いになってもしじみを摂取することで正常に戻し体の体調を整えてくれます。そんなしじみはスーパー等では食用が普通に販売されており購入自体はとても簡単なのですが料理を作る前にやっておかねばならい事があります。それは「砂出」。

名前の通りしじみの中に入っている砂を排出する事で食べやすくする物で殻付きのしじみを調理するなら必須とも言える基本事項です。(万が一砂が入っていても食べれないという訳ではないが当然「じゃり」っとした感触は残るので出来るのならやっておく事に越したことはないです。)そのしじみの砂出のやり方ですが

1 ボウルに水と塩(1L程なら3l程度入れる)を入れる

2 しじみはザルに入れてしじみ同士が重ならないようにおく(重なっていると吐き出した砂を違うしじみがすってしまうため)

3 そのザル事ボウルに入れて約4時間程度暗い場所に入れておく

4時間が経ったら濡れ雑巾を用意ししじみを取り出して3時間程放置、濡れ雑巾等で湿気も与える

時間こそかかりますがやり方は非常に簡単です。同じしじみでも砂出してるのとしてないでは食べやすさに関わってくるので「殻付きしじみ買った=砂出やる」ぐらいは基本と思いましょう。